最近の活躍

最近の活躍で言えば、
2008年の北京オリンピックで、出場する選手団の
公式ウェアを担当している。
また、2012年のロンドンオリンピックにおいても、
アメリカ選手の開会式、閉会式、選手村で使用するウェアの
デザインを手がけていました。

このように、ラルフローレンブランドは
そのテーマであるアメリカとしての理想、美しさ、上品さをもって、
アメリカの代表的なブランドとなるのでした。